社会保険のしくみ

社会保険の範囲わが国の社会保障制度は大別すると、「公的扶助」、「公衆衛生・医療」、「社会福祉」、「社会保険」の4つの柱があり、広義には恩給と戦争犠牲援護が含まれています。

社会保険とは、憲法第25条「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」の規定によって、国がその社会政策ないし社会保障を実現するため、保険の方式を用いてする社会保障制度の一部です。

医療保険、年金保険、労災補償保険、雇用保険を総称したものが広義の社会保険であり、このうち労災補償保険・雇用保険を労働保険と称し、これを除いたものを一般に社会保険といいます。

広義な社会保険とは

医療保険

年金保険

労災補償保険

雇用保険

一般的な社会保険とは

医療保険
全国健康保険 協会管掌健康保険 組合管掌健康保険 国民健康保険
高齢者医療制度
国民健康保険 (退職者医療) (前・後)期 高齢者医療制度
年金保険
国民年金 (基礎年金) 厚生年金